MiChSから10周年のご挨拶

21世紀の化学反応と化学品製造はこれまでのフラスコのようなバッチ型反応容器ではなく、マイクロ空間を活用した効率的な反応デバイスであるマイクロリアクターによってフロー型で行われることがふさわしいと考えています。大阪府立大学では2000年からマイクロリアクターを用いる有機合成の研究を先駆的に展開しており、その成果を社会へ広く還元するため、2007年に大阪府立大学発ベンチャーとして株式会社MiChS(ミクス)を設立いたしました。MiChS の歴史は、高度な微細加工技術に基盤をおき、独自の着想による高い攪拌能力を低い圧力損失で達成した β型マイクロミキサーの開発(特許取得)から始まりましたが、地域のみならず世界とのコラボレーションにより、気液反応に有用なマスフローコントローラーシステムの開発、プロスペックの自動条件検索型マイクロ反応システムの開発、さらに、最近では、NMRによる反応のインライン追跡や、光フロー反応に適した流路設計によるリアクターの開発と最適光源の検証などを行なってきています。10周年を機にさらに独創的な製品開発を進めてまいります。

2016年度より、大きく強化された新体制により、MiChSの事業をフロー化学プラントの建造を視野に入れた事業展開へと展開しております。大阪産業技術研究所内にMiChS研究所を設立しましたが、この研究所で私たちの目指すところは、コンパクトなフロー反応技術を駆使した安全でローコストな化学製造のパイロットプラントを建造することです。コンパクトなフロープラントは環境に負担をかけないエネルギー効率に優れた次世代の化学製造設備であり、製薬そして化学製造業との連携を視野に入れております。

創立10周年を機に、アップデートいたしましたMiChSに対しまして、よりいっそうのご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます次第です。

会社概要

社 名 株式会社 MiChS(ミクス)
所在地 〒581-0851 大阪府八尾市上尾町4-1-3
設立年月日 平成19年(2007年)4月2日
資本金 10,020,000円
代表者 佐藤 正明
事業内容 ・フローリアクター装置の開発・製造・販売 ・化学合成・化学反応装置およびシステムに関するコンサルタント業務

MiChS研究所

2015年12月より設立しましたMiChS研究所では、MiChS社独自のフロー反応技術による化学合成反応の効率実施に加えまして、コンパクトなフロー化学製造プラントのデザインと検証実験を行っています。21世紀の化学製造設備は安全性に富み、エネルギー効率の良いコンパクトなフロー製造プラントが主流になるものと予想され、多彩な化学反応を扱う有機合成化学研究での実績を基盤とし、独自の着想に溢れた独創的なフロー化学プラントがこの研究所から構想され、社会に普及していくことをミッションとしています。MiChS研究所では「コンパクト化学製造」を合言葉に、最先端の共同研究や委託研究そしてコンサルタント業務を活発に実施してまいります。

フロー系研究での光照射装置

フロー系研究での光照射装置

大阪産業技術研究所

研究所名 MiChS研究所
所在地 〒594-1157 大阪府和泉市あゆみ野2-7-1
大阪産業技術研究所内 F-301
TEL&FAX 0725-51-2637

最寄駅 和泉中央 産技研行きバスで10分

MiChSの由来

Micro Chemicals SystemsのMiを流路のイメージで。グリーンの●はグリーンケミストリー